競売・公売の場合

競売は、一般的には「きょうばい」不動産物件は「けいばい」と読みます。債権者が債務者の債務を回収するために債務者が所有する物件の売却を裁判所に申し立てる制度です。

公売は、地方自治体及び国が税金の滞納分を充当するために、滞納者が所有する不動産を差し押さえ、売却する制度です。

公正を期するために、競争入札により売却します。市場価格よりはだいぶ安いです。一部では債務者が居座るなどのトラブルが有るようです。しかし、この価格は魅力です。

札方法はそれぞれの官公庁により異なります。

○入札に参加できる方
税務関係職員、滞納者及び法の規定により参加を制限された方は、直接間接を問わず入札に参加できません。これらに該当しない方はどなたでも入札に参加できます。

○入札日及び入札時間
入札は所定の会場で、定められた日時に行います。インターネットなどによる入札はできません。

○保証金
入札に参加するためには、入札する売却区分番号ごとに、定められた金額の保証金を納入していただきます。保証金は、当日に会場で受付ます。入札の結果、落札できなかった方は終了後に返還されます。

○入札
入札は、所定の入札書により行います。尚、代理人が入札される場合は、あらかじめ委任状を提出していただきます。

○開札及び最高価申込者の決定
開札は所定の時間に入札者の面前で行います。入札価格が見積価格以上で、かつ最高の価格である入札者に対して最高価申込者の決定を行います。

○代金の納入及び権利移転
最高価申込者となった方は、指定期日に残金を一括納入します。なお権利移転の登記手続きは、必要な費用を別途負担していただきます。

○財産の引渡し
買い受けた財産の前所有者あるいはその財産を使用している第三者などに、その不動産の明け渡しを求めるような場合は、買受人がその手続きを行うことになります。話し合いがつかないときは、民事訴訟によらなければならないことになります。

土地

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved