土地売買のシステム

売りに出ている、売地には2通りあります。不動産屋が所有している土地と、地主から不動産屋が委託を受けて売っている土地です。売主が不動産屋の場合は手数料がかかりません。売主が一般の人の場合は手数料がかかります。広告とかだと「自社」とか「仲介」などと書いてあるはずです。媒介(仲介とも言います)手数料は、

200万円以下の金額・・・・・・・・・・・5.25%
200万円を超え400万円以下の金額・・・4.20%
400万円を超える金額・・・・・・・・・・3.15%

売買の媒介手数料は売買契約時に半分、引き渡し時に半分が一般的です。1つの物件に何社も不動産屋が入ることが有りますが、あくまで媒介手数料は売買価格の上記の金額です。1社しか不動産業者が入っていない場合は全額もらえますが、たとえば3社入っている場合は、上記の金額を3等分するわけです。案外知らない人が多く、何社も入るとたくさん手数料を取られると思っている方がいますが、あくまで買い主の方が支払う媒介手数料は、上記の金額に準じます。売買後は登記が必要ですが、不動産屋のほうで司法書士を手配してくれます。手配に対する手数料とかは別に取られません。ローンで買う場合も自分が銀行で手続きするよりは不動産屋に頼めばやってくれます。自分でやると提出書類がたくさんあってちょっと慣れてないと面倒です。この場合、経費を取られる場合があります。

土地

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved