契約までの流れ

不動産業者へ物件の問い合わせ、および斡旋
土地
買付証明書
購入希望の物件が見つかったら買付証明書に記入します。(別に法的な拘束力はありません。)売主側に抵当権の設定があった場合、抵当権の解除を金融機関に打診します。買主側がローンで購入する場合、この時点で金融機関に打診する場合もあります。
土地
重要事項説明
購入希望の物件の重要事項説明を受けます。宅地建物取引主任者が主任者証を提示して説明します。
土地
売買契約の締結
契約内容に納得したら売買契約書に署名捺印し、手付金を支払います。この時点で売買契約締結です。
土地
ローンの申込
売買契約締結後、金融機関による審査が始まります。ローン融資が不調になった場合は売買契約を解除する事が出来ます。
土地
中間金の支払い及び残金の支払い
中間金の支払いがなく、いきなり残金の支払いも多いです。残金決済と同時に所有権の移転登記の手続き及び、売主の抵当権の設定があれば抵当権の抹消、買主のローンの抵当権設定を同時に行います。不動産業者の媒介手数料、司法書士の手数料や諸経費などの清算もこのとき行います。これで取引終了です。

土地

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved