固定資産税の評価の適正化

土地に対する保有課税を適正化して、土地の供給や有効利用を促進する見地から、固定資産税の評価を適正化することが、当面緊急を要する事項として取り上げられています。最近の地価の動向からみて、固定資産税の評価額は、特に大都市およびその周辺の宅地、農地等については極めて低いものとなっており、これが保有土地の管理費用を不当に低いものとする結果となっていることは、周知の事実ですが、固定資産税の評価換えに当たっては、詳価換えに伴う税負担の激変をさけるための調整措置は設けるにしても、適正な評価を実現することは、すべての保有課税の基礎条件を整備するという意味でも、まず必要な措置であるとされています。保有課税の強化は税制面から土地の有効利用を誘導する有力な手段であり、固定資産税の課税の適正化や空閑地税の創設等の現実的に効果のある借置が伴わなければ、譲渡所得課税方式の変更のみでは、税制間からの土地供給や有効利用の促進を期待することは困難であるとする論議も多くあります。しかし、土地問題の緊要性にかえりみて、主閑地税を直ちに課税すべしとする考え方に対しては、それが土地対策として有力な手段となりうることは認められますが、現行法制の下では、空閑地の定義において土地利用計画に連なる問題が生じ、税という強制手段を行なうために必要な客観的妥当性のある基準の設定に致命的難点が存すると指摘されています。

スポンサーリンク
土地

以上が土地税制のあり方として打ち出した、税制面からの当面の土地対策のあらましですが、基本的には土地税制は土地対策のなかでは、やはり補完的な役割に止まるべきものであり、土地問題、特に地価問題を解決する決め手を税制に期待することは妥当ではなく、他の政策手段、例えば宅地の大量供給、大都市対策、土地利用計画および地価公示制度の拡充、土地の公的保有の拡大、公共用地取得制度の改善等々の政策全般の推進に待つべきものです。したがって、税制面の措置はそれらの総合対策と相まって、初めて十分の効果を期待できるものであるといえます。
土地問題の現状は、住宅用地難、工場用地難、公共用地難等広範囲にわたりきわめて錯線しているのですが、解決すべき究極の目的はすでに述べたように、地価の高騰をいかにして抑制し正常化するかの一点にあるといっても過言ではありません。したがって、土地対策としての土地税制のあり方についても、土地の供給面、需要面を通じて広汎であり、かつ一貫性をもった総合的な税制対策であることが要請されます。そもそも、土地問題は土地の供給と需要、保有と売却の四つの側面をめぐって展開しています。したがって、これを課税の問題として考えるならば、譲渡所得課税の強化は、土地の需要を抑制する一方で土地の供給をも減退させる結果をもたらし、その軽減は土地の供給を促進するとしても、反面土地の需要を刺激することが予想されます。また、保有課税の強化は土地の供給を促進し、同時に需要を抑制するとしても、税の転嫁を通じて地価を引き上げる逆効果があるとも考えられます。さらに、土地問題の重要な一環との開発利益の吸収、還元を加えてみると、その税制面での解決は、課税の強化によらざるをえず、土地の供給、土地の需要、土地の開発利益の三点を通じて政策目標を同時に満足しうる適切な税制措置は、いくつかの方式の組合せによるほかにないものと考えられます。
この場合、土地需給の緩和のための政策的焦点を、供給については長期保有土地とし、需要については短期保有土地として、長期保有土地について譲渡所得課税の軽減を行ないつつ、短期保有土地と今後の取得土地について譲渡所得課税を強化するという、上述したような税制調査会の考え方は確かに妙案というべきであり、これと保有課税の強化とを組み合わせるならば、かなり理想型に近い効果が期待できるものといえます。ただし、その場合にも、土地について長期保有と短期保有の実質的区分が、客観的な妥当性をもったものとならなければ、事態を混乱させることとなり、現実的な効果は期待できません。土地税制の本旨が、税制を土地問題解決の一功として利用することにある以上、土地税制全般が一つの特別措置と考えられ、その中に税負担の軽減をもたらす面と、逆に税負担の増加を招く面とが併存することとなりますが、このうちの税負担の軽滅となる部分のみをまず実施し、税負担の増加を招く部分の実現を遅らせるようなことは、土地税制のあり方として過切ではなく、特別措置としての意義を失わせる結果となりかねないことは明らかです。その意味からも土地税制は、あくまでも一体として総合的に検討され、一括して実現されるべき性格のものであるといえます。より具体的には、少なくとも土地税制問題の基本点、つまり、譲渡所得税、保有課税について同時に税制改正が実現することを理想とすべきであって、土地の供給、需要、譲渡、保有の各側面に同時に効果が及ぶことが好ましい。

土地
都市経済の住宅需要/ 時代と土地市場/ 公示価格/ 不動産取引価格の調査要領/ 標準価格地域/ 宅地開発事業の到達点/ 適地が不適地化する状況/ 住宅の適地条件/ 住宅立地と交通/ 住宅立地の特徴/ 通勤圏の拡大/ 通勤輸送と通勤混雑/ 通勤時間と通勤費/ 宅地開発と交通計画/ 都市再開発の要因/ 交通の混乱と公共施設/ 都市再開発の手法/ 都市再開発と業務施設/ 空間利用と開発価値/ 土地所有権/ 借地権および地上権/ 建物所有権と管理方法/ 都市整備の方向と再開発/ 土地利用計画と土地問題/ 土地利用計画と概念/ スプロール防止と広域土地利用/ スプロール規制と都市計画法/ 住宅地の土地利用計画/ 住宅地の立地条件/ 居住環境悪化の防止と土地利用/ 住宅地の密度規制と居住環境/ 住宅地の用途規制と居住環境/ 住宅地における相隣関係の規制/ 地価対策としての土地利用計画/ 土地利用の計画的促進/ 土地政策と土地税制/ 土地税制について検討すべき各面/ 固定資産税の評価の適正化/ 土地税制の方向/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー