住宅購入契約書に印鑑を押した後でローンを断られた

 AさんはB不動産会社から住宅を購入する契約書に印鑑を押し、頭金を払いました。B会社がローンの世話もするというので契約したのですが、Aさんの資力の点で結局ローン会社に融資を断られてしまいました。B会社との契約関係はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

 ローンが借りられなければAさんはB会社に約束の代金支払いができず、そうなればB会社から債務不履行を理由に売買契約を解除され、頭金も損害賠償と相殺されてAさんに返還されないという心配が出てきます。しかし、この契約はもともとB会社がローン借り入れの世話を引き受けたからこそ、締結されたのであり、もしローンが借りられないとわかっていれば、Aさんも契約書に印鑑を押したりしなかったはずです。
 Aさんの資力に難点があったとしても、ローンの申し込みをしてみなければ借りられるかどうかはわかりません。B会社がローンの世話をするといっておきながら、ローンの借りられなかった責任をすべてAさんにかぶせてしまうことは許されません。
 Aさんの立場からこの契約の効力が消滅したことを主張して、以後の代金支払いを免れ、かつ頭金の返還を求めることができます。その一つの方法は、この契約では当事者間に「ローンが借り入れられないときは、契約を無効にする」という暗黙の了解ができているとみて、契約の効力消滅を主張することです。
 このように、ある事情を生じたときは契約を当然に解消するという約束がある場合を「解除条件付きの契約」といいます。B会社としてもローンが借りられなければAさんが代金を払えないことは十分承知のはずですから、このAさんの主張は正当として認められるでしょう。
 もう一つの方法は、Aさんへの貸付けを承諾するローン会社を見つけることを、売買契約に付随したB会社の債務とみて、Aさんの側からB会社の債務不履行を理由に解除することです。ただし相当はっきりとした約束がなければB会社の債務不履行とまではいえないことが多いでしょう。この二つのどちらを主張する場合でも、Aさんは頭金の返還を求めることができます。仮にこの頭金が手付の意味をもっていても、手付放棄による解除ではありません。
 ところで、いったん支払った頭金が現実にAさんの手許に戻るかどうかは何ともいえません。B会社の資力、誠意などの次第によっては取戻しが困難な場合もあります。Aさんとしては、こんな結果にならないためにも、契約書に印鑑を押す前につぎのような点にもう少し注意を払うべきでした。
 何よりもまずローン借り入れについての取決めをもっとはっきりさせることが必要です。B会社が提携ローンを付けるのか、それとも単にローン会社の紹介ないしローン申込みの取り次ぎをするだけなのか明確にして、契約書に盛り込まなければなりません。そして、ローン借り入れができなかった場合の処理方法を契約書に明記しておくことはもっともかんじんな点です。その場合、きちんと期限を定めて、「何年何月何日までにローン貸付けの承認が得られないときは本契約を無効にして、頭金全額を直ちに返還する」という特約条項を入れるのがよいでしょう。
 ローン会社を指定して「何々ローン会社からローン融資を拒否されたとき」という解除条件にしてもかまいません。なお、ローンが借りられなかったAさんに対して、B会社が「貸し付けてくれるローン会社が見つかるまでは分割で払ってくれればいい」といって、契約を解消せず、B会社への月々の支払いを求めてくるケースがえりますが、Aさんはこれに応じてはいけません。
 結局Aさんがどこからもローン貸付けを受けられなかった場合に、その日まで会社に払い続けたお金が戻ってくる保障はありません。
 ローンが借りられないのであれば、その取引きはきっぱりあきらめるのがもっとも賢明な方法です。

土地
仲介業者が自社物件を勧めるが印鑑を押してもよいか/ 図面売りで建物売買契約書に印鑑を押してもよいか/ 借家明渡しを約束する念書に印鑑を押させたが/ ブローカーに騙されて売買契約書に印鑑を押した/ 子供が生まれたら立退く特約の契約書に印鑑を押した/ 手付を払って土地の売買契約書に印鑑を押した/ 実印と権利証を持ち出され担保書類に印鑑を押された/ 土地を買ったら業者から土地の移転登記用の委任状と印鑑証明書を要求された/ 借地上の建物を買う契約書に印鑑を押すときの注意/ 夫の土地を担保に借金したい妻が印鑑を押すと/ 分譲現地で申込金を支払って仮契約書に印鑑を押した/ 家を新築するための農地を買う契約書に印鑑を押した/ ローンが残っているマンションを買う契約書に印鑑を押すと/ 私道通行権を確保するにはどのような書類に印鑑を押せばよいか/ 住宅購入契約書に印鑑を押した後でローンを断られた/ 貸家を買ったら借家人は家賃を前払いの印鑑を押した領収書を示すが/ 一ヵ月でも滞納すれば無催告解除の特約に印鑑を押したが/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー