家を新築するための農地を買う契約書に印鑑を押した

 Aさんは、自宅を新築する目的で、B所有の農地を買う契約書に印鑑を押しました。ところが、いつまでたっても、Bが農地転用売買許可の申請手続に協力せず、そのうえ、とうとう売買は無効だといい出す始末です。Aさんとしては、どうしたらよいでしょうか。

スポンサーリンク

 農地を宅地等に転用する目的で売買するには、都道府県知事の許可が必要です(ただし市街化区域では届出をすればよい)。
 しかも農地法は、この許可がなければ、売買契約をしても本来の効力を生じないと規定していますから、いくら契約書に印鑑を押しても、知事の許可がないかぎり、Aさんは所有権を取得することもできず、もちろん所有権移転の登記をすることもできません。
 この許可はそれほどに重大な意義をもつものですが、許可を受けるには売り主と買い主の双方から、連名で、許可申請書を農業委員会を経由して知事あてに提出することになっています。当事者の一方だけで申請書を出しても、許可はおりません。
 そこでAさんとしては、なんとしてもBの協力が欲しいところですが、本問のように売り主が協力してくれず、そのうち、もっといい買い手を見つけて、最初の契約が無効だなどといい出すことはしばしばあります。
 そういう場合には、Aさんとしては自分の権利を確保するために、必要な処置をとらなければなりません。
 まず第一に、仮登記をしておくことが必要です。正式な本登記は知事の許可後でなければできませんが、許可がおりたらという条件付の所有権移転の仮登記はそれ以前にもでき、それをしておけば、実際上、他の第三者に二重に売却されてしまう心配がほとんどなくなり、また仮に二重売却されても、Aさんの方が優先することになります。
 つぎに、知事の許可を得るための手続きを進めなければなりません。許可申請は、当事者双方からしなければならないことは先に述べましたが、Bは本問のような農地売買についての契約をした以上、知事に許可を申請し、許可が得られれば所有権移転登記の手続きをして、Aさんの権利取得に協力する義務を当然に負っています。そういう義務があるからには、Bが任意にその義務を果たさなくても、裁判手続を経ることによって、Bが協力したと同じ効果を生じさせることが可能です。
 すなわち、Aさんは弁護士に依頼して、Bに対し、つぎのような内容の判決を求める訴えを起こすのがよいと思われます。
 「(1) Bは別紙目録記載の土地につき、平成○年○月○日売買によるAへの所有権移転について、農地法五条所定の△△県知事に対する許可申請手続をせよ。
 (2) Bは右許可があったときは、Aに対し土地につき売買を原因とする所有権移転登記手続をせよ。」
 この(1)の判決によって、AさんはBの協力がなくとも単独に知事の許可を申請でき、その許可を得れば、(2)の判決によって、本登記手続も単独ですることができます。
 なお、契約をしたがかなか許可の手続きが進まないなどといって、許可申請もせず、農地のまま放置している例もよくあるようですが、一〇年たてば、時効によって、許可申請や登記の手続きを、Bに請求する権利が消滅してしまいますから、Aさんとしても、すぐこのような手段をとるべきでしょう。

土地
仲介業者が自社物件を勧めるが印鑑を押してもよいか/ 図面売りで建物売買契約書に印鑑を押してもよいか/ 借家明渡しを約束する念書に印鑑を押させたが/ ブローカーに騙されて売買契約書に印鑑を押した/ 子供が生まれたら立退く特約の契約書に印鑑を押した/ 手付を払って土地の売買契約書に印鑑を押した/ 実印と権利証を持ち出され担保書類に印鑑を押された/ 土地を買ったら業者から土地の移転登記用の委任状と印鑑証明書を要求された/ 借地上の建物を買う契約書に印鑑を押すときの注意/ 夫の土地を担保に借金したい妻が印鑑を押すと/ 分譲現地で申込金を支払って仮契約書に印鑑を押した/ 家を新築するための農地を買う契約書に印鑑を押した/ ローンが残っているマンションを買う契約書に印鑑を押すと/ 私道通行権を確保するにはどのような書類に印鑑を押せばよいか/ 住宅購入契約書に印鑑を押した後でローンを断られた/ 貸家を買ったら借家人は家賃を前払いの印鑑を押した領収書を示すが/ 一ヵ月でも滞納すれば無催告解除の特約に印鑑を押したが/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー