借家明渡しを約束する念書に印鑑を押させたが

 Aさんは、借家大のBが家賃を払わないまま居座っているので、困っていました。ある日、Bに談判して「一か月以内に明け渡します」という念書に印鑑を押させました。さてこれで安心でしょうか。

スポンサーリンク

 Bがそういう約束をした以上、一か月後には明け渡さなければならない義務があります。問題はBがその義務も果たさず、さらに居座っているという場合に、この念書によって合法的強制手段がとれるかどうかです。はっきりいって、この念書では、ただちに強制的な明渡しを実現することは不可能です。いくら明け渡すという約束があっても、あくまでBが明け渡すということであって、AさんがBに代わって明渡しを実行してよいということにはならないのです。
 したがってAさんは裁判を起こして「明渡しを命ずる判決」を得るか、場合によっては「明渡断行の仮処分決定」を得るかしなければなりません。その手続きを経ないで、いきなり実力行使に出ると、逆に住居侵入、窃盗、器物損壊などの罪に問われることにもなりかねません。
 それではAさんの場合、どういう念書に印鑑を押させ、あるいはどういう措置をとっておけば、裁判までしないで明け渡させることができるのでしょうか。これには、つぎのような方法が考えられます。
 Bともども裁判所に行き、裁判官の前で念書の事項を確認する「即決和解」の手続きをとって、和解調書を作ってもらいます。そうすれば、この和解調書は判決と同じく強制的に明渡しを実現する力を持っています。
 念書に「一か月以内に明渡しを完了するよう荷物を搬出します。万が一、借家内もしくは敷地内に一か月後にも放置してある荷物がありましたら、それは所有権を放棄して遺棄した物ですから、ご面倒でもご自由に処分してください」と書いて印鑑を押させます。
 こうしておいて、一か月後にBが念書に反して家屋を明け渡さない、荷物も放棄しないといい出せば、多少話が面倒になりますが、ふつうの人間なら、ここまで念書に書けば、そう居座っていられるものではありません。また放置された荷物を処分しても、犯罪にふれることはないでしょう。したがって、念書を取るには、この程度のことは書くべきです。
 念書には保証人の印鑑ももらっておくことを忘れてはなりません。賃貸借契約自体に保証人がついているときはもちろん、そうでないときは、明渡しについても新たに保証人をたててもらうことです。

土地
仲介業者が自社物件を勧めるが印鑑を押してもよいか/ 図面売りで建物売買契約書に印鑑を押してもよいか/ 借家明渡しを約束する念書に印鑑を押させたが/ ブローカーに騙されて売買契約書に印鑑を押した/ 子供が生まれたら立退く特約の契約書に印鑑を押した/ 手付を払って土地の売買契約書に印鑑を押した/ 実印と権利証を持ち出され担保書類に印鑑を押された/ 土地を買ったら業者から土地の移転登記用の委任状と印鑑証明書を要求された/ 借地上の建物を買う契約書に印鑑を押すときの注意/ 夫の土地を担保に借金したい妻が印鑑を押すと/ 分譲現地で申込金を支払って仮契約書に印鑑を押した/ 家を新築するための農地を買う契約書に印鑑を押した/ ローンが残っているマンションを買う契約書に印鑑を押すと/ 私道通行権を確保するにはどのような書類に印鑑を押せばよいか/ 住宅購入契約書に印鑑を押した後でローンを断られた/ 貸家を買ったら借家人は家賃を前払いの印鑑を押した領収書を示すが/ 一ヵ月でも滞納すれば無催告解除の特約に印鑑を押したが/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー