宅地造成の道路

 山をけずりとって宅地を造成したり、田畑をうめ立てて宅地にしたり、大邸宅の屋敷跡を分割して分譲地として売り出す場合には,宅地造成による道路をまず造らなければなりません。もちろん,これは私道ですが、道路の位置指定を受けるため道路申請図書と共に、道路敷地となる土地所有者および土地権判者の登記簿および承諾書、承諾者の印鑑証明書などをそえて特定行政庁に申請します。

スポンサーリンク

 袋状道路で比較的その長さが短かいとき、人は私道であるからという理由で、わが敷地と錯覚します。車を自分の宅地前の道路上に駐車させて駐車場代りに使ったり(一時使用はよい)逆に車の侵入を防ぐため私道の出入口に抗を打ちこんだもの(杭がすぐに技けるようにしたものはよい)を見かけますが、これは違法です。これらは「私道だから私の権利が存在する」と感違いしているのです。なるほど潜在主権は存在するが、これはおもてだって行動に出すべき筋合いのものではありません。
 私道であっても道路と名づける以上は公道となり、道路本来の役目が果たせる状態に常時しておかなければなりません。緊急時には救急車や消防車が入ってくることを考えておきましょう。
 また、私道だからといって、その所有者が勝手に私道を変更したり、廃止することはできまん。このような事は、特定行政庁がその道に接している敷地の有無とその使用状況を第三者的に判断した上で決定します。そうでないと、その私道によってのみ2mの接道義務を果たしている敷地を使って公道に出ている私道利用者は、一方的に違反に追いこまれてしまいます。
 それほど、道路というものは私有物であって仏公共性が強い、それなら私道を公道として、地方公共団体が買い上げてくれればいいのですが、赤字財政の今日ではどこも先立つものがありません。たとえ私道を寄付したとしても、固定資産税はとれなくなるし、逆に維持管理費がかかるから「私道の公道化」は、むずかしい問題です。
 いずれにしても「道路ありて敷地あり」「敷地ありて住宅あり」という順序で住宅の建築は成り立っています。

土地
敷地の良否/ 造成地と擁壁/ 土地の面積/ 敷地と道路/ 宅地造成の道路/ 敷地と用途地域/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー