私道を勝手に閉鎖することはできない

私の家の横には幅二mの私道があり、この私道に接して土地を持っている人が各人その私道に面した部分を私道負担分として提供しています。私の家は正面が公道に面していますので、とくにその私道を使用しなくてもよいので、私道負担分のところまで塀を出して敷地を広く使いたいのですが、私道として提供した以上こんなことは許されないことでしょうか。
本問では、その私道部分所有者にとっては私道を利用する必要のない事情(自分の敷地は公道に面していること)にあるようですが、他の人のため私道として提供したということは、その他人のため通行権を認めていることになります。この通行権の内容についてはいろいろな場合がありますが、いずれにせよ他人の通行権の目的となっている私道部分の土地については、所有権が制限されていることになります。

スポンサーリンク
土地

私道部分に地役権が設定されている場合は、地役権者の通行を妨げるような行為は一切許されないことは当然であり、また地役権でなくても、契約等により通行を受忍する義務があるときも同様です。これらの場合、その私道部分を自分の家の敷地にとりこもうとするには、地役権等他の人の通行権を消滅させてからでなければならないことはいうまでもありません。しかし、通行権を消滅させることは一方的にはできませんから、結局私道の所有者が一方的に私道を廃止してしまう方法はありません。たとえその私道が唯一の通路ではなく、私道を廃しても他の部分を利用して公道へ通ずるという事情があっても、通行権者の通行権の目的となっている以上結論に変わりはありません。
その私道部分の通行権が囲繞地通行権(袋地通行権)の場合であっても、一方的に私道を閉鎖することが許されないのは前述の場合と同様です。ただその私道部分を廃止しても、私道にまだ余地があって袋地とはならないような場合、その所有者はその私道部分を所有者の家の敷地として利用できないだろうかという問題があります。このような場合であっても、その袋地の利用にとって必要性をみたすだけの公道が新設され、その公道に接道して袋地でなくなったような場合のほかは、いったん発生した道行権を一方的に消滅させることはできないと考えられます。また袋地の囲繞地道行権はその袋地が事実上公道に接道せず、または公道への道行がいちじるしく困難な場合に生ずるもので、囲繞地通行権の範囲はその袋地の利用方法を考慮して、その利用方法に必要な限度の範囲がきめられるべきものとされています    したがって、本問の場合でもたとえ私道の一部分を廃止した場合なお通行の余地があるとしても、その余地が袋地の利用を図るために必要な程度のものでなければならないということになります。元来その私道の幅員が二mしかなかったのですから、その一部を閉鎖すれば二m以下の通路ということになり、現在どのような土地にせよ通路が二m以下の幅員で十分ということは考えられません。このことからいっても、本問の場合私道部分を廃して塀を出し自己の敷地とすることは許されません。
仮に、以上のようなことを無視して塀を出してしまった場合、事実上私道を一部閉鎖したことになりますが、そのことにより通行権者は通行権を失うわけではないので、通行権者としては、通行権にもとづく通行妨害の排除を請求することができます。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー