私道負担付の土地の譲受人の通行権

私の住んでいる一画には、その中央にそこに住んでいる五人の人がそれぞれ自分の土地に面した部分を提供した幅二mの私道がありますが、先般このうちの一番奥をもっているAがその所有地をBに売却しました。Bは私道負担についてはなんの話も聞いていないし、自分の前の私道部分は自分の土地だからといって門柱を移動させてしまいました。人の土地を通行しながら自分は私道の負担をしないということが許されるのでしょうか。
五人の人が所有地の一部を提供しあって私道を開設したということは、私道に提供した部分にそれぞれ他の人のための通行権を設定したということになります。この通行権の性質は、契約による債権、囲繞地通行権(袋地通行権)、地役権等いろいろなケースが考えられます。この問題では私道に対する各人の持つ通行権がそのいずれであるかはっきりしませんが、いずれの場合にせよ、その通行権が各自の土地所有権の一内容となっているものであるということはいえましょう。

スポンサーリンク
土地

本問の場合、A以外の四人が、A所有の私道部分を譲り受けたBに、通行権を主張できるかという問題ですが、その通行権がどのような性質のものであるかによっていろいろな考え方が生じます。第一に通行権がAを含めた五人の契約による債権的なものであるときは、原則として債権関係は契約当事者以外には主張できませんから一応Bには主張できないことになります。しかし、私道は五人の所有地によって構成されていて、これは一個の契約により五つの部分が相互に通行橋を設定しあった関係にあると考えられますから、かりにBが通行権に関する契約を否認すると、Bは他の四人の土地を通行することができなくなるわけで、Bが四人の土地に対する通行権を主張し、通行するかぎり、Bもこの契約関係を認めたことになりますから、Bの所有地に対する他の四人の通行権も認めざるをえません。そのうえ、Bは譲り受けた土地が私道として通行の用に供されていたことは明らかに知っていたと思われますので、従来の通行権を否認し、私道部分を自己の専用下におくことは権利の濫用となって許されないでしょう。次に、通行権が地役権である場合、これは物権の一つで、譲受人に対し対抗(主張)するには登記が必要ですが、通常は地役権の登記までしているケースはごく稀のようです。しかし登記のない地役権であっても、当初Aを含めた五人で設定契約があったはずであり、前述の債権的関係と同じ理由でBは他の四人の地役権を否定できないでしょう。なお登記のない地役権であっても、道路位置指定をうけているときは私道の譲受人に対してもこれを主張できる旨の見解がありますが道路位置指定のないときはどうなるか問題がありましょう。次に、通行権が囲繞地通行権であるときは、土地の所有者が変わっても通行権にはなんの影響もな く、譲受人に対して通行権を主張することができます。
以上のように、Bが譲り受けた私道部分の土地は他の四人の通行権の対象となっており、いずれにしてもBはこの通行権を否定できませんから、これを無視して門柱を移動し、自己の専用の敷地としてしまうことは許されません。他の四人はこのような門柱の移動に対しては、通行権にもとづいて排除を求めることができます。なお、この私道部分が一番奥であるため他の四人のだれの通行にもなんら関係ないときは通行権の主張に多少問題が生じますが、四人のうちの一人でもその敷地の一部がBの私道部分に接していれば、他の通行に関係ないとはいえませんから、このようなことはほとんど考える必要がないと思われます。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー