建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権

私の家は袋地の奥で、今まで一・五m幅の通路で隣地を通させてもらっていました。今度建物を改築しようと思い確認申請をしましたところ、建築基準法上道路幅が不適合とのことです。確認申請が通る分だけ通行権を主張できないでしょうか。主張できないとすると、建物を建てることはできないのでしょうか。
建築基準法によると、建物の敷地は、消防、避難の面から考えて、原則として幅員四m以上の道路に二m以上接していなければならないことになっています。四m未満の狭い既存道路でも、中心線から二m以内は道路として考えられます。さらに、都道府県や市町村の条例で必要な制限を加えることもできるとされています。もし建築基準法や条例に定める基準に適合しないときは、建築が許されないことになっています。建築基準法上の確認申請の段階で、その建築計画が法律や条例の規定に適合しているかどうかが審査されますが、違反していると確認が得られたいことになります。ですから、建物を建てるためには、どうしても敷地に接する道路の幅が四m以上あることが必要になってくるわけです。このために、囲繞地の所有者に対して、囲繞地通行権(袋地通行権)にもとづいて、建築基準法令条例で定める幅の道路の開設を要求できるかどうかが問題となってきました。

スポンサーリンク
土地

道路の幅員の拡張を求める要求は、往来通行に必要欠くことができないからというのではなくて、増築をするについて、建築基準法上必要というにすぎないから、通行権そのものの問題ではないという理由でこれを否定する最高裁の判決があります。しかし、この事件は、既存のダンス教習所に隣接して二階建のダンス教習所兼アパートを増築するために幅員の拡張を求めたもので、通行権者を特に保護する必要はないと判断できるから、拡張を認めなかったので、ここに示された考えを一般的に適用していくのは疑問です。生活するために必要な建物の増築中改築が建築基準法の基準をみたしていないという理由で一切許されず、朽廃するがままにまかせる以外に方法がないということになりますと、人権問題として看過できないからです。
そこで、建築基準法や条例の定めた基準をまったく無視するのではなく、これを考慮して、できるかぎり建築に必要な幅員の通路の設定を認めるべきだという考え方が学説上強く主張されるようになり、このような考えにしたがった下級審の判決が現われるようになりました。
通行権が認められる通路の位置、範囲は、結局社会通常の観念に照らし、附近の地理状況、相隣地利用者の利害得失、その他諸般の事情を考慮した上、具体的ケースに応じて判断すべきものとされていますが、考慮すべき事情の中に、新築、増築、改築の必蔓性、建築基準法などによる基準をも加えて、囲繞地通行権の範囲をきめるべきだと思います。特に改築の場合には、確認申請が通る分だけの幅員の通路について通行権を主張することが認められてよいといえます。しかし、幅員の拡張が認められると、それだけ囲繞地の所有者は損害を受けることになりますから、安易に通行権を認めるべきでないことはいうまでありません。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー