袋地の通行権を妨害されたとき

私の家は他人の土地を通らなければ公道に出られません。今まで隣地を通させてもらっていましたが、突然通路の出入口に塀を設けられてしまいました。どうしたらよいでしょうか。
他人の土地を通らなければ公路に出られない土地を袋地とよんでいますが、袋地の土地利用を可能にするため、民法は袋地所有者に囲繞地を通行する権利を認めています。この囲繞地通行権(袋地通行権)は、隣接する土地利用の調整をはかるため特に法律の規定で認めたもので、囲繞地の所有者の承諾を要しないで、袋地の所有者に当然に認められた権利です。
囲繞地通行権にもとづく通行の場所および方法は、通行権をもつ者のために必要であり、囲繞地のために損害が最も少ないものを選ぶべきだとされています。袋地の利用のため、囲繞地の利用を制限するわけですから、このような制限は正当ですが、具体的には、附近の地理状況、相隣地利用者の利害得失、その他諸般の事情を考慮したうえ、具体的ケースに応じて判断すべきものとされています。
この場合、通行権者は囲繞地の所有者に償金を支払わなければなりません。
また、通行権者は必要があれば通路を開設し、砂利を敷いたり、障害物を除去したりできます。
さらに、囲繞地通行権は、袋地の所有権と別の権利ではなく、袋地所有権の内容となっていると考えられています。ですから、囲繞地通行権に妨害がなされたときは、土地所有権に妨害がなされたものと判断され、所有権にもとづく妨害排除の請求権が認められることになります。

スポンサーリンク
土地

袋地所有者が囲繞地を通行する権利としては、囲繞地通行権のほか、通行地役権が契約によって設定されている場合、時効によって取得されている場合、通行のための賃借権あるいは土地賃借権の一部として通行の許諾がある場合などがあります。通行地役権の場合には、地役権も物権ですから、妨害されたときはやはり地役権にもとづく妨害排除請求権が認められることになります。隣地の所有者との賃貸借契約が結ばれて通行している場合には、貸主が通行を妨害したときは契約の強制履行を求める方法により、第三者が通行を妨害したときは賃借権にもとづく妨害排除請求権の行使などの方法で法律上の保護を受けることができます。
囲繞地通行権が妨害された場合には、通行を妨害された者が袋地の所有者であるときは、土地所有権が妨害されたことになりますから、土地所有権にもとづく妨害排除請求権を隣地の所有者に対して行使し、隣地所有者の費用と労力をもって塀を撤去するよう求めることができます。妨害によって損害を受けた場合には、本問の場合故意少なくとも過失によって妨害されたといえますから、不法行為(故意または過失により違法に他人に損害を与える行為)として、隣地所有者に対して損害賠償の請求をすることもできます。
通行が妨害された場合、特別の事情があるときは、既存の通路のかわりに、新通路を開設することが許されることがあります。例えば、従来通行していた通路に板べいをもうけたりして妨害された者が、通行権確認と妨害排除を第一次請求とする訴を提起し、さらに第二次請求として、同一土地上の他の部分に囲繞地通行権があることを主張した事件について、裁判所は、旧通路は隣地を大きく分断し、面積も大き過ぎるから、隣地所有者の被害が過大であって許容し得ないと判断して、第一次請求を却下しましたが、第二次請求については、これを認めて、同一土地の他の部分について囲繞地通行権があるという趣旨の判決をしています。
囲繞地通行の場所および方法は、通行権をもつ者のために必要で、囲繞地のために損害の最も少ないものを選ぶべきだとされているわけですから、たとえ従来通行してきた通路があっても、それが囲繞池の所有者に過大の損害を与えるときは、他に新通路が開設されるならその閉鎖を認めてよいわけです。ですから、本問の場合もこのような事情があれば、塀の撤去は認められませんが、新通路の開設は認められることになります。
通行権者が袋地の所有者でない場合には、地上権者は明文の規定により、袋地の賃借権者も、民法の囲繞地通行権の規定を準用して囲繞地通行橋が認められています。さらに、袋地上の建物の賃借人についても通行権を認めた判決が現われています。このような場合に通行が妨害されたときは、地上権あるいは賃借権にもとづく妨害排除請求権の行使によって塀の撤去を求めることができます。賃借権の場合、通行権を第三者に主張するためには、賃借権の登記か借地上の建物の登記が必要とされています。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー