通行地役権の時効取得

私の家は袋地の奥にあるので公道に出るために、隣家の脇の幅一mくらいの土地を通させてもらっています。このような場合、二〇年通行していると通行地役権を時効で取得できるのでしょうか。
民法によれば、通行地役権の時効取得には、一〇年または二〇年以上平穏、公然に通行してきたこと、時効によって取得される通行地役権が継続かつ表現のものである(外部から認識できる)ことが必要とされています。
表現のものでなければならないということは、不表現であるときは、他人が地役権を行使することを土地所有者が知らないことが多いし、またその行使が社会的に公認されるだけの公然性を持たないからです。しかし、通行地役権は、通行という事実は外部から認識することができるので、表現地役権であることは明らかです。
通行地役権の時効取得で最も問題となるのは、それが継続のものであるかどうかということです。間断なく権利の内容が実現されている地役権を継続地役権とよび、一つ一つの行為があってはじめて権利が行使されることになる地役権を不継続地役権とよんでいます。不継続地役権の場合は、承役地(その上に地役権が認められる土地)に与える損害が軽微で、承役地の所有者が好意によって通行を承認していることが多いから、これを時効取得の制度によって権利関係にまで高めていくことは妥当でないと考えられてきました。

スポンサーリンク
土地

通行地役権が継続のものであるためには、通路が開設されていること、その通路が要役地(そのために地役権が認められる土地)の所有者によって開設されたものであることを要するというのが、従来裁判所がとってきた考え方です。
学説は、裁判所の考えより継続の通行地役権が認められる範囲を拡大しようとする傾向があります。通路 が開設されていない通行は、時効によって権利にまで高めるのは承役地所有者にとって酷な結果をもたらすから「継続」の要件を欠いていると判断する点では、学説も裁判所の考えと同じですが、通路が開設されていれば、要役地所有者が開設した場合でなくても、要役地所有者が自らの費用と労力で維持管理をし、引き続き通行してきた場合のように、通路に対する通行支配が確立していると認められる事情があるときは、「継続」の要件がみたされたものと考えています。もっとも、このような事情があっても、承役地所有者との契約あるいは近隣の情宜で通行が許されているときには時効取得は否定されています。
本問の場合、二〇年以上も通行しているというのですから、時効完成に必要な期間はみたされていますし、また通行の事実があるわけですから「表現」の要件もみたされていますが、「継続」の要件については問題です。隣家の脇の土地を通行して公道に出ていたというのですから、通路の開設があったというのはむずかしいでしょう。かりに通行によって自然に通路ができていても、勝手口から公道に出るための通行であるため、隣人が好意で許していたと判断するほうが妥当でしょう。ですから、この場合には通行地役権の時効取得は否定すべきだと思います。もし袋地であるため、どうしても通行する必要があるという事情があれば、囲繞地通行権(袋地通行権)の問題として保護されることになります。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー