道路にはり出して建物を建てているとき

私の土地は四mの公道に面しているのですが、この附近の人は塀を公道にはり出して利用しているので、道幅がせまくなっていて不便です。今度増築しようと思いますが建築基準法上は大丈夫でしょうか。塀をひっこめてもらうことができるでしょうか。
建築基準法により建築物は原則として幅員四m以上の道路に二m以上接して いなければならないとされています。この四m以上の幅員ということについて、道路示現実に四m以上の幅員がなければならないのか、登記所の地図、その他で本来四m以上の幅員を有しているはずのものであればよいのかという問題があります。建築基準法のこの規定の目的は、万一の場合の消防活動、避難の場合の通路の確保など生活の安全を守るということにあります。ですから、単に観念的に四m以上の幅員があるはずというだけでなく、現実に四m以上の幅員がなければならないことになります。そこで本問の場合を考えてみますと、現実には公道の幅員が四mを欠いていることになりますからそのままでは建築基準法上建築が許されないことになります。建築を可能にするためには、公道にはり出している塀を撤去してもらい、公道の幅員を四m以上に確保しておかなければなりません。

スポンサーリンク
土地

公道に塀などの建築物をはり出していることが違法であることは間違いありません。このような場合、塀を撤去して違法状態を是正することは可能なはずですが、誰がどのようにして行なえるかが問題です。
公道上の違法な建築物の撤去を求めるのですから、このような請求のできる者は、まず第一に公道を道路本来の用に十分供し得るよう維持管理する者すなわち道路法にいう道路管理者が考えられます。この道路管理者は道路の維持管理につき権限をもつと同時に、広く公衆のため維持管理の義務も負っているというべきですから、公道上に違法な建築物があり、他の人に迷惑を及ぼしているようなときは、この撤去を求め、場合によれば強制的に除去する手続をとって、道路本来の姿を維持する義務があることになります。
次に、このような違法建築物の除去について根拠となる法律には建築基準法があります。建築基準法によれば、道路内の建築は原則として禁止され、この違反に対しては特定行政庁(市町村長あるいは都道府県知事)が是正の措置を命じ、この命令に反すると罰せられます。したがって、本問の場合でも、違反建築物として、特定行政庁に塀の除去を命じてもらうことができます。
以上の道路法令建築基準法は、行政機関のある行政目的のため規制をもうけ、その行政目的実現のために行政庁等が種々の措置を講じたり罰則を加えたりすることを定めたもので、このような措置を講ずる権限を一般私人に与える性質のものではありませんし、またそのような法規制があるからといって、ただちに私人間に私法上の権利関係を発生させるものではありません。ですから、近隣の人が直接道路にはり出した塀の撤去を請求する権利はないことになります。
結局このような場合には、道路の維持管理につき権限と職責をもつ道路管理者や、建築基準法上の特定行政庁に、違法の是正として、塀の撤去を求めるよう要求するほかはありません。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー