道路位置指定を受けるには

私は今度、所有地を何区画かに分けて売却したいと思います。道路位置指定を受けるにはどのような手続をしたらよいでしょうか。
都市計画区域内の土地に建物を 建築する場合には、原則として、その敷地は建築基準法でいう幅員四m以上の道路に二m以上接することが必要です。ですから、本問のように所有地を何区画かに分けて売る場合には、それぞれの区画が道路に接しなければ建物を建てられませんから道路をつくる必要があるわけです。そのためには道路位置指定を受けなければなりません。道路位置指定というのは、土地を建築物の敷地として利用するために築造される道を建築基準法上の道路とするのに必要とされる手続です。
道路位置指定を受けるには、指定の申請をする必要があります。申請するのは、道路を築造しようとする者で、あなたです。申請の時期は、道の築造の後でもかまいませんが、後述するような位置の指定基準との関係から、あらかじめ相談し、事前にしておくほうが無難です。申請先は、位置指定を受けようとする道がある特定行政庁(市町村長あるいは都道府県知事)ですが、実際の書類提出先は、特定行政庁の所管する建築行政の担当課(建築課、建築指導課など)になります。

スポンサーリンク
土地

道路位置指定の申請書類は担当の課に用意されていますが、その様式は各特定行政庁によって異なっています。提出する書類は、正副二通の申請書のほか、指定を受ける道路予定地の附近見取図、地籍図および道路の敷地となる土地の所有者およびその土地またはその土地にある建築物や工作物に関して権利を有する者の承諾書を添付することになっています。なお、関係権判者の承諾は、道路位置指定の重要な要件とされていて、この承諾を得ないでなされた道路位置の指定は、その関係権判者が公簿上明白である場合には、無効であるとの判例がありますので、申請に際しては十分な注意が必要です。
特定行政庁は、申請により道路位置指定をする場合に、提出書類の適法性のほか、申請の道路が、四m以上の幅員があり、さらに次の基準に適合しているかどうかを審査します。
 両端が他の道路に接続していること。ただし、延長が三五m以下の場合、幅員が六m以上の場合などのときは、一端のみが他の道路に接続していればよい。
道が交差、接続、屈曲する所には、すみ切りをもうけてあること。
砂利敷その他ぬかるみとならない構造であること。
勾配が一二%以下で、階段状でないこと。
側溝、街渠など路面や敷地の排水に必要な施設をもうけてあること。
このほか、特定行政庁が、国土交通大臣の承認を得てこれと異なる基準を定めている場合がありますので、事前に確認しておく必要があります。
特定行政庁は、申請が、適法であると認めた場合には、道路位置指定をし、その旨を公告するとともに、申請者に通知します。
しかし、この指定があっただけでは、当然には建築基準法上の道路にはなりません。道路位置指定に適合するような道が実際に築造され、道路としての実体が備わってはじめて、建築基準法上の道路になりますので注意して下さい。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー