借地の境界がはっきりしないとき

私も隣りの近所もAという地主から借地していますが境界がはっきりしません。どうしたらよいでしょうか。
隣り合った土地を所有する者の間で境界線が確定していることが重要であるのと同じように、隣り合った土地を借りる者の間にも境界線のはっきりしていることが必要でしょう。相隣接した借地の間に塀や生垣がもうけられているような場合はともかく、境界を示すものがない場合、借地人はそれぞれの生活の領域を確定できないこととなります。家の増改築をしようとした借地人が思いがけぬことに、隣りの借地人から文句をいわれることにもなるわけです。本問のように、同じ地主より借地している場合、借地相互の間の境界があいまいなことが少なくないでしょう。

スポンサーリンク
土地

借地の範囲は、地主と借地人との間の借地契約によってきまるのがふつうです。しかし、契約上きめられた範囲が実際の土地の上でいったいどの範囲にまで汲ぶのかその境界が必ずしも明確でない場合もあります。このような場合、地主立会いのもとに、契約上の面積とか、実際の利用状況などにもとづいて借地間の境界を確定しておく必要がありましょう。
ところが、境界の確定に地主が立ち会ってくれない場合にはどうしたらよいでしょうか。相隣接した土地をAから借りている者同士がそれぞれの境界について合意に達すれば問題はないのですが、そう簡単にはきまらないかもしれません。
そこで考えられますのが境界確定の訴を提起する方法です。境界確定の訴というのは、相隣接した土地の所有者間で境界に争いが生じているとか、境界が不明な場合に土地所有者によって提起されるのがふつうです。この境界確定の訴の性質については古くから論じられてきたところですが、今日では、それは土地所有権の 範囲あるいは帰属の確認を目的とする心のではなく、実際の境界そのものの確定を目的とするものと考える見解が支配的になっています。その場合、地上権者、永小作権者、抵当権者、賃借人というような所有権者以外の者が境界確定の訴の原告なり被告になることができるかどうかという問題が生じます。本問の場合も、あなたが境界確定の訴を提起した場合、その相手方を相隠者である借地人とすることとなるわけですが、そのようなことが可能なのかどうかが問題となります。否定的な見解が支配的です。土地所有権者以外の者の間での訴訟が、土地所有権者に不利益を及ぼすおそれなしとはいえないからです。しかし、あなたの場合、地主が同一人であることを考えますと、借地人が相互に原告、被告となっても差支えないといえましょう。その際、あなたは借地間の境界を設定して欲しい旨を申し立て、その理由を示すだけでよく、具体的な境界線を主張する必要はありません。この申立に対して裁判所はとこかに境界線を設定しなければならないのです。設定に際して裁判所は、原告であるあなたの主張や被告の主張に拘束されることなく、諸般の事情を総合して境界を確定することとなります。この点に境界確定の訴の大きな特徴があるわけです。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー