隣りの庭木が越境しているとき

隣りの梅の木が越境してきて、枝が繁茂しています。毛虫が落ちてきたり、日蔭になったりして困るので隣りの人に文句をいいましたがそのままです。こちらで切ってしまっていいでしょうか。
民法では、隣地の庭木が境界線を越えてその枝を伸ばしてきた場合には、その庭木の所有者に対して越境してきた枝を切り取ることを請求できます。もっとも、庭木の枝が越境してきた場合はつねにその枝の切取りを請求できるかというと、必ずしもそうとはいえません。枝が越境していても、それによって自分の土地の利用が妨げられていないとか、将来も妨げられるおそれのない場合には切取りの請求は権利の濫用となりましょう。また、枝の越境によって自分の土地利用が妨げられているとか、妨げられるおそれのある場合でも、その妨げが僅かなものであり、それに比べて、枝を切り取ることによって庭木所有者の被る損害のほうがはるかに大きい場合にも、切取りを求めることは権利の濫用となります。
本問の場合には、梅の木が越境し、枝が繁茂して、毛虫が落ちてきたり、日蔭になったりして、相当な損害が生じている模様ですので、あなたが隣人に対して越境した枝の切取りを求められること自休なんら権利の濫用ということにはなりません。

スポンサーリンク
土地

どの程度の切取りを求められるかということにつきましては、もう少し考えてみなければなりません。といいますのは、越境した部分を全部切り取るよう求めることが必ずしもつねに妥当とはいえないからです。この場合にも、庭木所有者の利益とあなたの利益の双方を比較しなければなりません。その比較の上で越境している枝をどの程度まで切り取ることが妥当かがきまってきます。たとえ越境している枝でも枝振りなどからその梅の木にとってはなくてはならないものである反面、その枝を切り取ってもあなたの受けている損害の除去にはさほど効果がない場合であれば、切取りの請求は妥当なものとはいえないでしょう。
ところで、切取りの請求を受けても庭木所有者がこれに応じてくれるとは限りません。あなたの場合も、隣人に対して文句をいったのにそのままに放置されているとのことです。だからといってあなたの方で勝手に梅の枝を切り取ってしまうことはできません。被害者側で勝手に切り取ってしまうことを民法が認めていないのは、切取り以外の方法によってもあなたの損害を排除できる方法があれば、庭木所有者にその方法をも選ぶ機会を与えようとしているからです。例えば、越境した枝を切り取らないでもその枝を矯正して越境をおさえる方法を選ぶこともできましょう。
このようにして、なんらかの形で隣人があなたの要望に応えてくれるならば問題はないのですが、あなたの文句を無視して、損害の生ずるにまかせておく場合には、あなたは、裁判所に対して、隣人の費用をもって越境している枝を第三者に切り取らせることを請求することができます。
なお、庭木の根が侵入してきたときは、隣人の承諾なしに切り取ることができます。この場合も、高価な庭木を枯らしてしまうようなときには権利濫用となりましょう。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー