買った土地の境界が違っていて家が建てられない

最近土地を買い、家を建てようとしましたら、隣りの人から境界が違うといわれました。隣りの人の主張通りだとすると、細長い土地になってしまい、設計通りの家が建ちません。買うのをやめたいのですがどうすればよいのでしょうか。
この場合まず、隣人が主張するように境界が違っているかどうかを登記所の地図にもとづいて確認する必要があります。売買契約の際に、この地図をみて隣地の所有者等の立会いのもとに境界を確認しておくのがふつうでが、これをしていない場合には本問のような問題が生じがちです。このような場合通常は、地図にもとづいて現地で境界標をさがして境界を確認することになります。しかし、境界標そのものが存在しなかったり、地図と境界標の位置がくい違っていることもあります。その場合、過去に登記申請書に添付した測量図面が登記所にあればそれにしたがって正確な境界を確認することができますが、それもなく、隣人と意見が一致しない場合は、裁判所に境界確定の訴を提起するはかないでしょう。

スポンサーリンク
土地

境界を確認したところ隣人の主張どおりであって、設計どおりの家を建てることができない場合はどうか、買うのをやめたいのだがということですが、境界の違いといっても、購入地の一部が単純に隣人のものでそれだけ面積の不足が生ずる場合と、面積の点では大きな違いがなく、土地の位置または形が変わるために家を建てられない場合とがあります。いずれの場合にも、売買契約によって所有権を取得したはずの土地の一部が、売主ではなく他人(隣人)に属していたという点では共通しています。
このような場合、買主は一定の条件が整う場合には、売主にその損害を負担させることができます。民法ではこれを、「権利の一部が他人に属する場合の売主の担保責任」といっています。まず、売主は、隣人に交渉して、不足の部分を隣人から買いとって買主に引き渡すべきですが、これは隣人が承知しないかぎり不可能です。また、売主がその努力をしようとしない場合もあるでしょう。そのようなとき、買主は、一般的には不足分に相当する代金の減額を売主に請求することができ、すでに支払済みであれば、その一部を返すように請求することができます。しかし、土地の形や面積が変わったため予定の家を建てることができない場合には、その土地を購入した目的を達成することができないわけですから、そのことが客観的にみとめられる場合には、売買契約を解除することができ、すでに支払った代金は、解除の結果、全額返還されます。ただし、境界が達うことを買主が知っていた場合(悪意)は、解除権はみとめられません。なお、一定の規模、構造の建物を建てることを売主にあらかじめ示していない場合でも、境界が違えば買主が買う意思をもたなかったであろうということが一般的に確認されるならばそれで足ります。
この場合、買主は、売買契約を解除しただけでは償われない損害があれば、その賠償を請求することもできます。契約締結のために要した費用などがそれです。
契約の解除および損害賠償の請求は、境界の違いを買主が知ったときから一年以内に行なわなければなりません。買主が悪意であったときは代金の減額のみを請求できますが、これも契約の時から一年以内にする必要があります。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー