登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない

私と隣地との境には昔から塀がありますが、最近、隣地所有者のAさんが登記所の地図をみたら私との境界は、この地図上は斜線になっているのに、現在の塀は直線で、三角部分だけAさんの土地が狭くなっているからこの部分だけ返してくれといってきました。たしかに登記所の地図ではそのようになっているのですが、Aさんのいうとおりにしなければいけないのでしょうか。
登記所(法務局またはその出張所)と市区町村役場には土地の図面が備えつけてあります。登記所によっては不動産登記法による地図が完備されていないところもあり、旧土地台帳附属の地図が代用されています。これをふつう公図といっています。これによって土地の位置、形状、大きさがわかるわけです。この地図は公のものですから一応信頼のおけるものとなっています。一応というのは、元々この地図は、土地所有者の申請を基礎に作られていますから、場合によっては違っていることもあるからです。区画整理とか、耕地整理が行なわれていれば、その際新しい地図が作成されますので、だいたい間違いないものとなっていますが、作成されてから古いものほど信頼性が乏しいわけです。測量技術も未熟であったり、土地の状況の変化が未調査である場合も少なくないのです。それに、土地の境界は、隣地者の間で自由に変更できますが、それをただちに地図上も変更するという手続をとらない場合も多いからです。
そのようなことで、登記所の地図と現況が違うということは少なくありませんが、この地図は公のものだけに一応推定力があります。反対の証拠がないかぎりこの地図が正しいものだとの推定を受けるわけです。つまり、その地図は、なにかの証拠にもとづいて作成されているので、一応正しいものであるとの取扱いを受けるわけです。

スポンサーリンク
土地

本問では今の塀がどういう経過で建てられたか、これが問題のカギになります。ふつう、両地の境界になる塀を建てるときは、双方の所有者または借地権者などが立ち会って、境界線を確認したうえで建てます。もっとも、前にあった境界線上の塀を壊して、その上に新しく建てるとか、あるいはなんらかの理由によって、境界がはっきりしている場合に、その線上に塀を建てる場合などは立ち会わなくてもよいわけですが、このような事情で、こちらが塀を建てた場合、それが登記所の地図と追っていたとしたら、登記所の地図を変更しなければならないことになります。塀を建てた線を境界にするという合意、確認が成立していたと考えられるからです。もちろん、合意は消極的な納得でもよいわけですし、暗黙の承認でもよいのですが、隣人が登記所の地図と同じ線だと思い違いをしていたり、あるいはなにかの勘違いで黙っていたり、塀を建てたのを知らないで放置していたというような場合は黙認にはなりません。
しかし、そのように隣人が知らないでいて責むべき原因のない場合でも、時効によって権利を失うことがあります。あなたの方は権利を取得するわけです。それは、善意無過失(違う境界だということを知らないで、しかも知らないのも無理もない事情がある)で平和的に公然と占有していれば一〇年で、悪意(違うことを知ったうえで)なら二〇年公然と占有していれば、時効が完成するのです。
本問の場合は、今の塀が今日まで平穏無事に境界としての役割をはたしているのですから、違うのであれば相手が反対の証拠をあげなければなりませんから、それまでは現状が正しいのだと主張していればよいわけです。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー