境界標が無くなり隣が侵入してきた

分譲地を買いましたが、遠いのでしばらく行かないでおりましたら、確かにあった境界標のコンクリート杭がなくなっています。隣の人がとったかもしれません。しかも、隣りの人が新しく鉄線をはっておりますが、どうも自分の敷地が狭くなったように惑じます。どうしたらよいでしょうか。
土地の境界は土地に関する権利の範囲を定めるものですから、境界標を損壊したり、移動あるいは除去したりして境界を不明にすると、境界毀損罪として、五年以下の懲役か罰金に処せられます。境界を不明にする行為は同時に土地を取りこんだりして侵奪する場合が少なくありませんが、この揚合には、同時に不動産侵奪罪に該当し、一〇年以下の懲役に処せられることになります。本問の場合、隣人がわざとこのような境界損壊並びに不動産侵奪の行為をしたということがはっきりしていれば、これらの罪に問われることにもなるわけです。ただし、この場合でも、あなたが自分の土地だといって勝手に鉄線を移動することはできません。あなたとしては隣人を罰してもらうということより奪われた土地を回収し、境界標を元通り設置させる必要があるわけですから、次にその方法を考えてみましょう。
本問の場合、分譲地を買ったのですから、分譲地を買い受ける際、売主である土地分譲会社から、現地を測量して境界を確認のうえ買ったものと思います。ですから境界標がなくなっても、土地分譲会社を立ち会わせ、実測図をもとに測量しなかすなどすれば境界標や境界線の位置の再確認は容易にできると思います。その再確認の結果、隣人のはった鉄線があなたの土地に侵入していれば、 その部分だけあなたの上地の所有権並びに占有権(借地の場合)が侵害されていることになります。したがって、あなたが侵入されている土地の返還を求めるには、まず隣人と話しあったうえで、その返還を求めるのは当然ですが、それでも聞き入れられなければあなたの土地に対する所有権または占有権にもとづいて、土地の妨害物である鉄線等の除去と土地の返還請求を求めて裁判所へ訴えることになります。

スポンサーリンク
土地

土地を返してもらうことはもちろんですが、また元通りに境界標を設置してもらわなければなりません。しかし、法律上は隣人が境界の杭をぬいたからまた元通りになおせと簡単に求めるわけにはいきません。民法では、境界標は隣地の所有者と共同の費用でもうけることができるのですが、まずあなたが隣人に境界標の設置に協力することを求め、相手がこれに応じない場合にこの規定によって協力を裁判によって請求することになっているからです。しかし、隣人が杭をぬいたような場合には、その協力を期待することはできないでしょうし、これではいかにも迂遠と考えられます。そこでこんな場合には、ただちに境界標を設置する協力義務の履行を裁判によって請求できることになるでしょう。裁判所が隣人に境界標の設置を命じた場合に、特別の事情のなすかぎり従前のと同様の境界杭の埋設を命ずることになります。この境界杭設置を求める訴のさい、同時に境界線の争いを解決しておくため境界確定の訴を同時に提起することになりますが、これらはいずれも前述の土地回収の訴に併合して提起するほうが便利です。
あなたが売主に土地の坪数や境界をよく確かめて買ったにもかかわらず、売主の責任により、あなたの隣人に対する土地返還等の訴訟で敗訴し、あなたの土地が削られて減少した場合は、当然売主の売買契約上の責任になります。したがって、あなたがこの件で隣人との交渉に支出した費用、訴訟費用一切を売主が負担するのはもちろん、売買の目的物である土地の一部が他人に属する場合にあたりますから、あなたは売主に対し土地の減少した割合で代金の減額請求ができます。また、あまりに減り具合が甚だしいとか減った具合の関係で建物が建てられないような場合には、売買契約を解除して支払った代金の返還を求めることができます。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー