昔から境界が不明

私の土地は昔から隣地との間に境界標もなく、目印もありません。境界については争いがたえないため、はっきりさせたいのですが、どうすればよいのでしょうか。
土地の境界は、所有権、入会権、地上権、永小作権、賃借権など土地に関する権利の範囲を明確にするため必要欠くことのできないものです。また土地の境界は、塀を設置する際の位置をきめたり、建物を建築する際の隣地との距離をきめたり、その他いろいろの隣地との問題、民法では、相隣関係といってお互いの利用を調節するよう規定しています。このような問題を定める場合の基礎となるものです。このため刑法では、土地の境界を不明にする行為を境界毀損罪として罰しております。しかし、民法では境界を定めるのに簡単な規定があるのみで、多くは慣習や判例に任されております。
実際に境界がはっきりしない例はきわめて多く、むしろ正確に境界が確認される例が少ないといったほうがよいかもしれません。しかし、境界が不明といっても、まったく境界がどこかわからないということは奥地の人跡まれな土地などの例外を除いてごく少ないと思われます。多くの場合は、境界が正確でなくてもおよその見当で、所有者や関係者の間でわかっているでしょうし、また自分の家が建っているとか、自分のうちの樹が植えてあるとか、田畑を区画する畦畔かおるとか、古老の言により山の尾根が境界であるとかいったような境界の判定に役立つ資料が何かあるものです。また、昔ははっきりした境界があったにもかかわらず、長い年月の間に境界標が取り除かれたり、あるいは自然に埋もれたり、あるいは地形が変化したためにわからなくなるようなことがあるでしょう。ですから、現在の土地の境界に境界標もなく、これといった目印がなくても、境界がまったく不明だとはかぎりません。

スポンサーリンク
土地

土地の境界が不明であれば、同時に隣地の所有者も境界が不明かあるいはあなたの認めない境界を主張することであり、境界の争いは避けられないことになります。ときには、境界標がなくても、隣地の所有者が有力な資料をもとに境界線を主張するのに対し、あなたがそれを争うという場合もありましょう。争いの形としては、境界自体の確認の問題として争われる場合、土地の広狭の問題、建物や庭木などの越境の問題など種々考えられます。
境界がはっきりしなければ、隣地の所有者と協議により解決をはかるのは当然です。通常は、境界木、境界石などの発見につとめるほか、境界の判定に役立つ資料や絵図、測量図、登記所の地図などを参考にして協議して定めるようです。この際注意すべきことは、相隣者間で十分資料などを検討して、後日紛争が再び起きないようにして境界をきめなければなりません。
協議がととのわなければ裁判所に境界確定の訴を提起し、裁判所にきめてもらうことになります。裁判所はあなたの主張する境界線にとらわれずあなたや相手方が提出した証拠をもとにして判断しますが、その判断の基準は、第一にできるだけ客観的に存在するとみられる境界線の発見につとめ、第二にその不明な場合、争いの地域の占有状況や登記面積と実測面積との比較を考慮するほか、登記所の地図その他の地図、境界水または境界石、場合によっては林相、地形等を応考えて常識的に妥当な判断をすべきものとされています。

土地
昔から境界が不明/ 境界の目印/ 境界標が無くなり隣が侵入してきた/ 河川との境界/ 登記所の地図は必ずしも現実の境界とは一致しない/ 買った土地の境界が違っていて家が建てられない/ 同じ買主から買ったのに隣りが登記面積より広い/ 分譲地の私道負担が多すぎて家が建たない/ 越境している隣家をそのままにしておくと時効で隣人の所有になる/ 隣りが境界線をこえて増築している/ 隣りのエアコン室外機が越境している/ 隣りの庭木が越境しているとき/ 借地の境界がはっきりしないとき/ 隣りとの塀は共同の費用でつくることができる/ 塀について隣人と意見があわないとき/ 共同の塀の修繕費用は平等に負担する/ 高い塀のために日当りが悪くなった/ 塀が壊れて通行人がケガをしたとき/ 土留めの石垣費用は崖の斜面の所有者が負担する/ 道路位置指定を受けるには/ 道路位置指定を受ける前に分譲業者が倒産したとき/ 道路にはり出して建物を建てているとき/ 私道確保の方法/ 通行地役権の時効取得/ 袋地の通行権を妨害されたとき/ 土地の一部を買って袋地となったとき/ 建築基準法に適合する道路分だけの袋地通行権/ 地主が借地人の私道を借地人の一人に貸してしまった/ 地主が借地人のために私道を売ってしまった/ 分譲によって袋地となった者の通行権/ 私道負担付の土地の譲受人の通行権/ 私道を勝手に閉鎖することはできない/ 私道への駐車は許されない/ 借地人のための私道への車の通行禁止/ 道路位置指定のある私道は権利者だけの同意だけでは廃止できない/ 整然とした道路を造るには/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー