超過利潤の地代への転化

超高層建築やマンモスビルなどの大型資本投下によってはじめて発生する超過利潤は、単なる位置の差から生じるものとは性格が異なります。この超過利潤は、巨大で新しい型の土地利用資本の活動によってはじめて生じたものであり、他の弱小資本ではできません。したがって超過利潤は、はじめは当然、資本そのものに組み入れられます。同地域における既存の旧い型の土地利用資本が、すでに平均以上の利潤を得ているのであれば、このような新規投資が取得する利潤は膨大なものとなるはずです。しかし利潤の増大は土地の需要をよび起こし、やがて競争資本が現われて、かかる利潤取得の独走を許さなくなると、資本が内部化しうる超過利潤は引き下げられます。つまりここでも土地所有者は、次の土地契約に当たって、一定規模の資本がその土地利用によって平均利潤を保証されるかぎり、この超過利潤を自己に帰属せしめ、地代を上昇させます。このように資本間の競争が存在するかぎり、資本投下によってはじめて生じた超過利潤であっても、しだいに土地所有に転化し、土地所有は労せずして成果を吸収することができます。資本は、自らの土地投資としての超過利潤を、終局的には必ず土地に吸収されるという運命におかれています。

スポンサーリンク
土地

資本制社会における都市は、基本的に集積の利益を原動力として生成、発展しています。企業活動は、集積すなわち土地資本の蓄積によってたえず超過利潤を生みだし、拡大し、新しい部分を付け加えねばなりません。ところが資本活動の成果は、土地所有にたえず吸収され、都市内部の地価は上昇します。これは資本制社会の矛盾です。しかしこのような条件のもとでも、なおかつ資本は超過利潤を創出しなければならず、そのためには土地の超過利潤吸収を上まわる早さで集積を強めねばならないのです。いわば、資本制社会における地価上昇 は宿命的なものというぺきです。
いわゆる都市再開発事業も、一定規模以上の資本装備によってはじめて可能となります。都市内部の交通条件が高能率になればなるほど、資本装備の優れた新しい型の土地利用資本が登場し、地代を高め、かかる地代を含んだ超過利潤を取得しえない弱小資本は排除され、駆逐されます。このようにして資本主義都市の再開発、土地利用更新が進み、今日の都市形態をつくりだしていくのです。
位置の差が創出する超過利潤も、個別資本による追加投資が創出する超過利潤も、現実の利潤創出の過程では、その背後に都市の巨大化や都市構造の変化が関与しています。しかしこれらは、位置の先天的条件、資質および資本独自の力で生みだすことのできる利潤です。このような土地のもつ位置的案件の優位性、資本の土地投資とは違った範囲における新しい超過利潤の生まれる条件が、現在の国土と都市をめぐって起きていることに注目する必要があります。
都市中心部に企業と人口が集中すると輸送機関の負荷が大きくなり、通勤ラッシュ、通勤地獄は激化します。最近のように巨大な容積をもったビルが次々に建築されると、この傾向はいよいよ激しく、道路交通も自動車台数の激増で麻痺状態に陥ります。この傾向は、集積が進むほど深刻になり、集債効果によってたえず超過利潤を拡大してきた都市内部の位置的優位性も資本投下も、外部不経済の蓄積、過集積によって逆に阻害されるという事態を招くようになります。しかも一方で都市の高地価水準は、生産力が上昇し資本活動が活発化する中で、資本の生産性を引き下げるものとして強く意識されるようになり、その解決は個別の資本活動によらない投資、公共投資に待たざるをえません。道路、鉄道、大規模な用排水施設、上下水道、ダム、土地造成そのもの、あるいはこれらをひっくるめた新産都市などは、資本活動の国土的基盤が盆化しつつある時代に、全体として地価を抑制し、資本の超過利潤の創出に寄与する要因となるのです。

土地
土地の利用面積と宅地/ 住宅需要の増大/ 悪性スプロール/ 宅地基準/ 宅地政策/ 諸外国の宅地政策/ 土地贈課税制度/ 開発負担金/ 先買権と土地収用/ 市街地の地価/ 都市の人口規模と地価/ 超過利潤の地代への転化/ 宅地地代の源泉/ 宅地と生活利便性/ 住宅需要の増大と地代騰貴/ 地代と地価/ 地価の波及現象/ 宅地の使用価値と交換価値/ 地代と土地所有/ 土地需要者側の条件/ 土地の利用価値判定/ 一般市場と不動産市場/ 不動産市場の客体/ 不動産市場の主体/ 不動産業界の展望/ 不動産取引の状態/ 一般的な土地価格の動向/ 地価高騰の原因/ 不動産鑑定評価基準/ 鑑定評価の対象の不動産/ 不動産の価格と特徴/ 不動産鑑定評価と主体/ 不動産の鑑定評価で求める価格/ 不動産の鑑定評価の基本/ 不動産鑑定評価の方式/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー