地上権、永小作権、地役権の登記

地上権、永小作権、地役権は、いずれも他人の土地を自己の利益のために使用することのできる権利ですが、その権利を第三者に対抗するためには、登記が必要になります。権利を取得しても登記されていない地上権、永小作権、地役権は、いつ第三者の手に移るかしれないという不安定な状態におかれています。一方でこれらの権利の設定者である土地所有者にとっては、地代その他による対価を取得することにはなっても、一般に長期間に渡って自己の所有地を他人に使用させるのですから、経済情勢の変化によっては大きな不利益を受ける場合も起ってきます。その場合には、地代増額などによる利害関係の調節が考えられますが、そのような条件の変更については、その登記をしなければ、第三者に対抗することができません。

スポンサーリンク
土地

地上権は、他人の土地において工作物または竹木を所有するため、または土地の地下または空間の上下の範囲を定めて、工作物を所有するため、その土地を収用する権利です。このような地上権は、地上権設定者、土地の所有者と、地上権者、地上権の取得者との契約によって成立する物権、用益口物権であって、売買または抵当権の目的とすることができる権利です。
地上権は、その登記をしなければ第三者に対抗することができません。ただし、建物所有を目的とする地上権については、地上権者がその地上に所有する建物の所有権の登記を受けた場合には、地上権の登記がなくとも、建物保護法の規定によって第三者に対抗することができます。地上権に関する登記としては、設定の登記のほか、移転、変更、更正、抹消などの登記がみとめられています。
永小作権は、他人の土地の上に成立する耕作または牧畜を目的とする権利であり、土地の使用を本体とし占有権をも含んでいます。このような永小作権は、永小作権設定者、土地の所有者と、永小作権者、永小作権を取得する者との設定契約によって成立します。
永小作権は、用益物権とされ、売買や抵当権の目的とすることができますが、これらの権利の得喪変更を第三者に対抗するだけには、その登記を必要とします。
地役権は、契約によって定められた目的にしたがって、他人の土地を自己の便益に供することのでぎる権利です。例えば通行、引水、観望などの便益に供する目的で地役権が設定されますが、この場合に便益を受ける土地を要役地、便益を供する土地を承役地といいます。このような地役権は、要役地の所有権の登記名義人と、承役地の所有権の登記名義人との間の地役権設定契約に基づいて成立しますが、遺言または時効取得によって生じるものもあります。
地役権の登記地役権の設定は、その登記をしなければ第三者に対抗することができません。地役権の変更、更正、消滅についても、その登記をすることが対抗要件とされます。

土地
不動産登記/ 登記申請の申請書/ 不動産登記申請書の記載事項/ 申請書の添付書面/ 添付書面の援用/ 登記所の利用/ 表示登記/ 土地の表示登記/ 建物の表示登記/ 所有権保存登記/ 建物の所有権保存登記/ 所有権移転登記/ 地上権、永小作権、地役権の登記/ 先取特権、質権の登記/ 抵当権、根抵当権の登記/ 賃借権の登記/ 仮登記の登記/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー