申請書の添付書面

登記の申請書には、各登記ごとに、添付しなければならない書面が法令で定められています。どの登記にどのような書面を添付するかは、申請書の書式例の記載を参照してください。ここでは一般的な添付書面について説明しておきます。

土地

登記原因証書または申請書副本
登記原因証書とは、例えば売買による所有権移転の登記では、売買契約書をいいます。登記原因証書が初めから存在しないか、または滅失して提出できないような時は、これに代えて申請書の副本を添付します。

登記義務者の権利に関する登記済証または保証書登記権利者および登記義務者の共同申請による登記の申請については、原則として登記義務者の権利に関する登記済証を添付します。この書面は、登記義務者が以前に登記権利者として登記を申請したとき提出した、登記原因証書または申請書副本に、登記所が登記済その他の必要な記載をして還付したものです。前記の登記済証が滅失または紛失などによって提出できないときは、これに代えて保証書を提出します。この保証書は、その登記所において登記を受けた成年者二人以上が、登記義務者の人違いなきことを保証した書面です。

登記原因につき第三者の許可、同意または承語を要するときは、その許可、同意、承諾を証する書面
これは、例えば売買を登記原因とする農地の所有権移転登記には知事の許可書、末成年者または準禁治産者がその所有土地に抵当権を設定する場合の法定代理人または補佐人の同意書などがこれにあたります。

代理人によって登記を申請する場合には、その代理権限を証する書面
委任状、戸籍謄本または抄本、会社登記簿騰本または抄本あるいは資格証明書などがこれにあたります。

申請人が、登記権利者または登記義務者の相続人であるときは、その相続を証する書面
これには戸籍謄本もしくは抄本、または会社合併の場合の登記では、その合併を証する会社登記簿謄本などがあります。

債権者代位による申請の場合の代位原因を証する書面
これには、金銭貸措の場合の借用証などがあります。

所有権の登記名義人が登記義務者として登記を申請する場合の印鑑証明書
例えば所有権移転登記、所有権移転の登記抹消、所有権を目的とする抵当権その他、所有権以外の権利の設定、保存の登記、所有権以外の権利の変更登記は、所有権の登記名義人が登記義務者として申請します。この場合には、その登記義務者の住所地の市区町村長の証明した印鑑証明書を添付します。所有権の登記名義人の法定代理人が登記を代理申請する場合には、その法定代理人の印鑑証明書を添付することになり、本人である所有権の登記名義人の印鑑証明は不要です。所有権の登記名義人が会社等の法人である時は、その代表者の印鑑証明書を添付します。なお、印鑑証明書は、作成後三ヶ月以内のものでないと効力がありません。

所有権の登記名義人以外の登記義務者に関する保証書提出の場合の印鑑証明書
所有権の登記名義人以外の登記義務者の権利に関する登記済証が滅失したため、これに代えて保証書を提出する場合には、原則として、その登記義務者の印鑑証明書を添付します。

住所証明書
所有権の保存または移転の登記を申請する場合には、登記権利者の住所を証する書面、例えば住民票抄本を添付します。

スポンサーリンク
土地
不動産登記/ 登記申請の申請書/ 不動産登記申請書の記載事項/ 申請書の添付書面/ 添付書面の援用/ 登記所の利用/ 表示登記/ 土地の表示登記/ 建物の表示登記/ 所有権保存登記/ 建物の所有権保存登記/ 所有権移転登記/ 地上権、永小作権、地役権の登記/ 先取特権、質権の登記/ 抵当権、根抵当権の登記/ 賃借権の登記/ 仮登記の登記/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー