代物弁済の予約と停止条件付不動産所有権移転登記

 甲が乙にOOO万円の債務を負担している場合に、甲乙間の契約で金銭の代わりに家屋をわたして、債権を消滅させるにはどうすればよいでしょうか。
 この場合は代物弁済の予約をして、さらに同様の所有権移転登記を申請します。

スポンサーリンク

 債務者が債権者に対して正当な給付を行い、債権を消滅させることを、弁済といいます。はじめから債務者が負担していた給付の代わりに、他の給付をして債権を消滅させる契約を代物弁済といいます。
 抵当権を設定するときにはさらにその上に代物弁済の予約をするのがふつうです。代物弁済の予約とは、債務者がもし期日になっても借りた金を返済しないときは、土地または家屋などの担保不動産の所有権を債権者に移すということを、前もって約束しておくことです。
 ふつうは抵当権を設定しただけではこれを実行するのに競売だ何やかやとなかなか手数を要しますので、債権者がすぐに処分できるように代物弁済の予約をするのです。手続きとしては、次のような停止条件付の予約を結び、さらに同様の所有権移転登記を申請します。
 代物弁済及びその予約は、次に示すような特質をもっているのです。
 代物弁済の給付物に瑕疵(きず)があっても、債権は瑕疵のないものの給付を請求することができないし、また本来の給付を請求することもできません。債権者は民法の瑕疵担保の規定を準用して、契約の解除または損害賠償の請求をするにとどまります。
 金銭債務の場合、小切手や手形を交付するのは、金銭債務の支払手段を履行するために交付したものか、あるいは代物弁済なのかハッキリしないことが多いのです。このような場合には、ふつうは支払手段を履行するために交付したものと見なされ、金銭債務は交付の時点では消滅しないものとされています。小切手や手形には不渡というケースがあるからです。だから、小切手や手形が完全に引き落としされたとき、はじめて弁済が行われ、債権が消滅したことになります。ただし、手形や小切手の交付をもって支払に代えるという趣旨を約定で表示したときは、代物弁済とみなされることが多くなっています。
 土地・家屋の時価が債権額より高くても債権者は差額を債務者に返す必要はありません。ただしその差額があまりに大きいときは、暴利の契約として無効になるおそれがあります。
 代物弁済の予約に質権を合せて設定したときは流質禁止によって予約も無効になります。抵当権を合せて設定したときは抵当直流契約は有効で、予約も有効になります。

土地
売主が代金を受け取らない場合/ 契約後に代金引換えに所有権移転登記を請求したのに売主が応じない場合/ 土地建物の売買契約書を公正証書にする効果/ 売主が契約を履行しない場合の訴訟以外の解決方法/ 買主が代金の支払に応じない場合/ 履行遅滞を理由とする解除権の行使/ 借地権の譲渡に地主が許可をあたえないときは/ 宅地建物取引業者と取引する場合の物件についての説明/ 不当に高額な報酬を宅地建物取引業者から要求されたとき/ 不完全な土地・建物を買ったとき/ 土地建物の売買にあたって欠点のない契約を結ぶには/ 買戻の特約はどのような特徴をもっているか/ 根抵当権契約の特徴/ 農地に対する抵当権の設定/ 農地停止条件付売買契約書作成上の注意/ 農地転用の手続きについて/ 質権設定契約と登記/ 代物弁済の予約と停止条件付不動産所有権移転登記/ 登記の申請における権利者と義務者の双方代理/ 滞納処分による差押え不動産の抵当権設定/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー