売買契約書の効果

知人から土地と建物を買うことになりました。話がまとまったところで契約書を作ろうと言いますと、代金と登記書類を引き換えるだけのことだから、契約書などいらないのではないかと言い出しました。これでも契約は成立したといってよいのでしょうか。また、契約書がないことで将来不利益を受けることはないでしょうか。
契約が成立し効力が生ずるのには契約書が必要なわけではありません。契約書がなくても、当事者が合意すれば契約は成立します。こういう契約が諾成契約です。もっとも、契約のなかには契約書の作成を要求しているものもあります。こういう契約を要式契約といいます。例えば小作契約は必ず契 約書にして農業委員会に届けねばなりません。しかし、こういう契約はごく稀です。
本問の場合には、話はまとまったのですから、契約は成立しているのです。契約書を作成するのとは関係がありません。
それではなぜ契約書を作成するのでしょうか。話がまとまった当座は問題がおきませんが、後になって、当事者の一方の気がかわって、契約をしたおぼえはないとか、そんな内容の契約をしなかったとかいって、そのために紛争がおきることは、よくある ことです。この場合に、それを証明するもの(証拠)がなければ水掛論に終わってしまうでしょう。そこで、その証拠を作っておくために契約書を作成するのです。紛争を予防する働きがあるといえましょう。そればかりではありません。契約書にしておけば、当事者を心理的に拘束して、契約を破ってはいけないという気持が強くなるものです。
このような意味からいって、契約書はぜひ作るようにしたいものです。ことに、土地、建物の売買には必ず作りましょう。

スポンサーリンク
土地

前述しましたように、ふつうの契約では契約書がなくても契約が成立します。成立したあとで、一方が契約書の作成に応じなくても、応ずる義務というのはないのですから、作成を強制するわけにはゆきません。
契約書がないと、あとで紛争が生じたときに、契約の存在や内容について証明することが困難になります。その点は不利です。そこでそういう場合には、他の証拠を作ることを考えなければなりません。まず考えられるのは、適当な第三者に立会人あるいは証人になってもらうことです。その人の述べることが証拠となるはずです。ただ、自己と関係の深い人を選んだのでは、その力が弱いですから、中立的立場にある人がよろしいでしょう。次に、手付をおくのも一方法です。交付した手付の領収書があれば、売買契約が成立した証拠になります。ただ、手付は契約を解除される危険があります。
契約書を作成しない場合は、第三者の面前で話をまとめるくらいの配慮が欲しいものです。
契約書を紛失しましても、それで契約の効力が失われたりするものではありませんから、契約の実行に差支えがあるわけではありません。しかし、相手方が、契約書の紛失したのに乗じて、契約をした覚えはないとか、契約書の内容が違うとか主張しますと、前述の契約書のない場合と同じ問題を生じます。
そこで、契約書を紛失したら、すぐ、相手方の所持している契約書(お互いに一通ずつ所持するのが普通です)を見せてもらってコピーするなどの措置をとったらよいでしょう。それができないようでしたら、契約の内容を知っている立会人などにその内容を文書にしてもらうのもよいでしょう。それもできないようでしたら、すぐに記憶している範囲内で書き留めておくことです。もっとも、証拠としては弱くなります。

土地
不動産購入前の調査と準備/ 売主の事前調査と準備/ 土地と建物は別の財産/ 登記簿の調査/ 登記簿の謄本と抄本/ 権利証/ 土地の分筆と合筆/ 中間省略登記の効力/ 不動産の位置と境界/ 地目と家屋の種類/ 用途制限のある土地売買/ 仮登記や予告登記のある不動産の売買/ 仮処分と仮差押のある不動産の売買/ 登記名義人との契約/ 登記名義人以外の者との契約/ 登記名義人の親族との契約/ 共有者との契約/ 代理人との契約/ 法人との契約/ 不動産業者の利用/ 仲介の取消と手数料/ 不動産業者の責任/ 司法書士・土地家屋調査士の業務/ 売買契約書の効果/ 売買契約と権利証/ 売買契約の立会人/ 売買契約と公正証書/ 売買契約締結の費用と負担者/ 移転登記の仕組と手続き/ 未登記建物の移転登記/ 売買と従物/ 土地家屋の所有権譲渡と賃貸借/ 現金以外の支払方法/ 代金全額を用意できない場合の支払方法/ 住宅ローンの種類/ 住宅ローン利用上の注意/ 住宅の割賦販売約款/ 代金支払の場所と時期/ 同時履行の抗弁権/ 契約履行の費用と負担者/ 契約締結後の当事者の死亡/ 危険負担/ 売買と第三者に対する対抗力/ 売主の登記と明渡の不履行/ 売主の履行遅滞と損害賠償請求権/ 無権代理と表見代理/ 前主への登記請求/ 不動産の差押/ 他人の不動産の売買/ 不動産の二重売買/ 移転登記未了での相続/ 登記の引取請求/ 建たない建売住宅/ 建物の売買と焼失/ 売買代金の取立方法/ 受領遅滞/

       copyrght(c).土地の買い方ガイド.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー